毎日使うキッチンの水漏れ修理

毎日使うキッチンの水漏れ修理 家の中でも比較的水漏れが多くなっているのがキッチンです。料理は毎日作る人が多いですし、料理以外でも後片付けや水を飲むときなどにも使うことが多いため、比較的故障しやすい場所だと言えるでしょう。水漏れをした場合に、自分で修理ができそうなら問題はありませんが、もし不可能ではないかと思った場合には、無理をしないで業者に依頼した方が確実に被害は少なくて済みます。無理にいじって余計に悪化させてしまうと、業者に依頼したときに支払う修理代が高くなってしまうことも多いので、何もしない方がよいのです。重要なのはどこから水が漏れているのかという点なのですが、ナットが取り付けられている蛇口の付け根であれば、パッキンを交換するだけで改善されることが多いでしょう。

■パッキンを交換しただけで完了することが多い

キッチンで水漏れが発生した場合には、パッキンを交換するだけで改善するケースも多くなっています。キッチンというのは、料理をしたり後片付けをしたりすることが多いので、頻繁に蛇口の向きを動かすことがあります。これによってパッキンが擦れてしまい、不具合を起こすケースが多いのです。もしパッキンの劣化や擦れが原因で水漏れをしている場合には、業者に依頼しなくても、自分で修理をすることが可能な場合もあります。パッキンはホームセンターでも売られていますし、インターネットを利用して、ネットショップで購入することもできます。トラブルが発生してから購入するようでは遅いので、トラブルが発生する前に購入しておくのがよいでしょう。

■配管の漏れは業者に依頼する
キッチンの水というのは、通常シンクの下にある収納を通ってパイプを繋げているケースが多くなっています。蛇口や配管との繋ぎ目から水が漏れている場合には、パッキンを交換するか、ナットを締め直すなどすれば改善されることが多いです。しかし、パイプ自体に問題がある場合には、自分で修理をするのは難しいでしょう。あまりパイプというのは売られていませんし、サイズや材質なども関係しているため、このような専門的なことに関しては、無理に自分で行うべきではありません。場合によっては給湯器 交換など工事が必要になるケースもあるので、専門家に任せた方が、被害が少なくて済むでしょう。ただし、家に来てもらうまでの一時凌ぎとして、水漏れしている部分を養生するなどの対策は行うべきです。

■水が流れない場合のトラブル

キッチンでの水のトラブルというのは、蛇口や配管の水漏れだけではありません。水が流れなくなるトラブルが発生することもあります。このような場合の対策は、まずワイヤーブラシなどで流しの奥を掃除してみましょう。これで改善される場合もありますし、改善されない場合もあります。改善されればそれで問題はないのですが、詰まったままの状態では水を使うことができません。このような場合も業者に連絡をして、修理をしてもらうべきです。場合によっては配管の取り外しが必要になるケースもあります。ついでに掃除もしっかりと行ってくれるような、親切で顧客思いの業者を見つけておけば、もし水が詰まって流れなくなっても安心できるでしょう。

■まとめ
キッチンの水漏れは発生しやすいので、自分で修理をしたいと考えているのであれば、対策をしっかりと講じておく必要があります。まずは工具類を揃えておくこと、次にパッキンなど交換することが多い部品を購入しておきましょう。後はインターネットで修理方法を調べておけば安心です。人によってはあまり自信がない場合もあるでしょうが、このようなときには無理をしないで業者に依頼しましょう。自分で修理が不可能だと思ったら、その時点で何も行わず、業者に任せてしまった方が無難です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース