つまりが発生したときの水漏れ修理

キッチンは比較的排水溝のつまりが発生しやすい場所だと言えるでしょう。なぜなら料理や洗い物をしたときに、残りカスが排水溝に流れてしまうことがあるからです。そこでつまりを解消させる方法を簡単に紹介させていただきます。

■ワイヤーブラシで擦る

排水溝のつまりを改善する場合には、ワイヤーブラシを使うのが便利です。ワイヤーブラシにもいろいろな種類があるのですが、柄の長いタイプでなければ意味がありません。ワイヤーは比較的丈夫なので、しっかりとつまりを落とせる確率が高いのです。排水溝専用のブラシも売られていますが、風呂の排水溝や洗面台の排水溝には使えるものの、キッチンの場合には詰まった物を押し込んでしまう可能性があるのでおすすめできません。酷くなると水漏れの原因にもなるので、早めに修理しましょう。


■パイプクリーナーを使う

排水溝のつまりを解消させる方法としては、パイプクリーナーを使う方法もあります。つまりが多少酷い場合にも使えますが、水漏れを起こしている場合には、まず水漏れの修理を先に行いましょう。できれば業務用のパイプクリーナーを使うべきです。他にも重曹を使う方法や、カビ取り剤を用いる方法もあるのですが、やはりパイプクリーナーが1番効果を得られるでしょう。それでも直らない場合には、修理業者に依頼するようになります。


■まとめ
ワイヤーブラシやパイプクリーナーを用いて排水溝のつまりを改善することが多いのですが、まず水漏れを起こしていないか確認しましょう。水漏れがあると、パイプクリーナーの液がパイプから漏れてしまい、シンクの下の収納から溢れてくることがあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ