水漏れ修理をする前に原因を調べる

水漏れの修理をする前にやっておくべきことはたくさんあるのですが、まずは原因を特定しなければ何もできません。キッチンの場合であれば、水漏れか詰まりかを確認し、水漏れであればどこから漏れているのかを把握しておくことが大切です。

■思いもよらない場所から漏れていることもある

キッチンから水が漏れている場合には、思いもよらないところから発生していることもあります。例えばシンクの下から水が垂れている場合などです。これはシンクに穴が開いていることが原因で発生している可能性があるでしょう。この場合には応急処置だけであれば自分でも可能でしょうが、完全に直すためには交換が必要です。素人ではシンクの交換はできないので、早急に業者へ連絡をして、修理を行う必要があります。このように原因を特定することはとても大切なのです。

■定番の原因

キッチンの水漏れの定番と言ってもよいのが、蛇口の不具合でしょう。蛇口は比較的どこから漏れているのかを特定しやすいですし、修理も部品を交換すれば直ることが多いので、自分で行うことも可能です。蛇口の場合には、栓を閉めても水が止まらない、水道管との接続部分に当たるナットから水漏れが発生している、レバーの継ぎ目あたりから水が漏れていることが多いでしょう。この場合はナットが緩んでいるか錆などで劣化しているか、もしくはパッキンが原因であることがほとんどです。


■まとめ
キッチンで水漏れを発見した場合には、まず原因の特定から始めましょう。よくわからない場合には、すぐ業者に連絡を入れて修理してもらう必要があります。自分で直せることが確認できたら挑戦してみてもいいですが、無理はしないようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ