交換すれば直る水漏れ修理

水道に使用されている交換部品といえば、ナットやパッキンが当てはまるでしょう。ナットは滅多に交換することはありませんが、パッキンは長く使用していると、どうしても変えなければいけない時期が来ます。変えるだけなら自分で行うことも可能です。

■あらかじめ購入しておく

最もパッキンの交換頻度が多いのはキッチンだと言えるでしょう。なぜなら水を使用する機会が多いですし、蛇口の向きを変える頻度も多いからです。もし水漏れが発生した場合、パッキンがあれば交換できるものの、事前に購入しておかなければ修理することができません。そのため、修理の必要がないときに購入しておき、いざというときに備えておく必要があるのです。自宅や職場などの近くにホームセンターがあればよいのですが、無い場合にはオンラインショップで購入する方法もあります。

■パッキンの種類を知っておく

水道に使用するパッキンにもいろいろな種類があります。自宅ではどの種類を使用しているか知らないと、修理をすることはできません。まずは自宅で使用しているパッキンの種類を確認しておきましょう。主な種類としては、平たいタイプにOリング、三角パッキンやUパッキンなどがあります。さらにサイズも異なっているので、適当に購入しても意味がありません。パッキンはキッチンの水道だけではなく、別の場所でも使用されているので、一通り用意しておくとよいでしょう。

■まとめ
キッチンの水漏れの一つがパッキンの擦れや劣化です。そのため、修理をする際には事前に購入しておいたパッキンを交換すれば、それで直ってしまうこともあります。無理に業者に依頼しなくても、自分で修理できる最も一般的な水漏れです。しかし中には給湯器 水漏れなどの専門的な知識が必要な場合もあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ